金劔宮

金劔宮(きんけんぐう)は、石川県白山市鶴来日詰町に鎮座する、石川県最古ともいわれる神社です。

石川県白山市鶴来では「白山比め神社」が有名ですが、金劔宮は「日本三大金運神社」のうちの一社という人もいて、知る人ぞ知る金運のパワースポットと言われてきました。

このページでは、金沢駅と鶴来(つるぎ)駅から金劔宮へのアクセス、ご祭神とご神徳(ご利益)、お守りと御朱印について紹介します。

※御朱印の授与中止と「金運のご利益ではない」という神社の見解について、2020年2月に追記しています。

【スポンサーリンク】

金劔宮の境内図

金劔宮の境内図

金劔宮は、瓊々杵命(ニニギノミコト)を祀る御本殿のほか、境内には、乙剱社・恵比須社・金刀比羅社・丈六社・粟島神社・招魂社のお社が並びます。

中でも「乙剱社」は、経営の神様・船井幸雄氏が「最強の金運アップのご利益がある」と紹介したことから有名になりました。

また、「天の眞名井」は最強のパワースポットだという人もいる、境内に湧き出る泉です。

ご祭神とご神徳(ご利益)

金剱宮

御本殿

金劔宮

御本殿のご祭神は、瓊々杵命(ニニギノミコト)。

瓊々杵命は、天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫にあたる神様で、皇室の皇祖神の一柱とされています。

ご神徳(ご利益)は、富貴栄達・国家安泰・家内安全・厄除け・五穀豊穣・畜産など。

乙剱社(おとつるぎしゃ)

金劔宮

乙剱社のご祭神は、彦火火出見命(ヒコホホデミノミコト)。

彦火火出見命は、本殿の祭神「瓊々杵命(ニニギノミコト)」の子供で、「山幸彦」の名前で知られています。

ご神徳(ご利益)は、勝運招来・諸産業隆昌・海上安全など。

※乙剱社のご祭神は「彦火火出見命」ですが、船井幸雄氏が金運の神様である「金勝金目尊(カナカツカナメノミコト)」をご祭神としたとか。金勝金目尊は、日本書紀や古事記には登場する神様ではないため、本当のところは良く分かりません。

【スポンサーリンク】

恵比須社

金劔宮

恵比須社のご祭神は、大阪の今宮戒(いまみやえびす)社の分霊(天照皇大神・事代主命・外三神)。

ご神徳(ご利益)は、商売繁昌・漁業繁栄・夫婦円満など。

賽銭箱の横には「商売繁昌・夫婦円満」の文字が書かれた「大駒形」が置いてあり、撫でて祈念すると良いそうです。

金刀比羅社

金劔宮

金刀比羅社のご祭神は崇神天皇。

金刀比羅社のご祭神は、通常は、大物主神(大国主神の和魂)なのですが、金劔宮では崇神天皇のようです。

金刀比羅社のご利益は、海上安全・金運上昇・商売繁盛・夫婦円満など。

粟島神社

金劔宮

粟島神社のご祭神は、少彦明神(スクナビコナノカミ)。

ご神徳(ご利益)は、医薬・病気平癒・航海守護・漁業守護・縁結びなど。

丈六社

金劔宮

丈六神社のご祭神は、大山咋命、猿田彦命、日本武尊、菅原道真公

ご神徳(ご利益)は、道ひらき・交通安全・方位除・諸産業隆昌・醸造の守護・国土平安・五穀豊穣・合格祈願・学業成就など。

招魂社

金劔宮

招魂社は、境内の奥に鎮座する神社です。

金劔宮

ご祭神は、護国の英霊。ご利益をお願いするというより、日本や地域の礎になってくださったことに感謝しました。

緑が美しい境内

金劔宮

金劔宮に参拝したのは6月中旬で、木々の緑が美しさが印象に残りました。

御本殿の横には、腹帯に神紋がデザインされた神馬像が。

金劔宮

手水舎前の青銅製の狛犬は。足が長くてカッコイイ狛犬です。

金劔宮の手水舎

岩をくり抜いた手水舎。

金劔宮

御本殿から社務所へ続く道。

境内は緑が溢れ、清々しい空気と静寂に満ちた場所でした。

パワースポット?「天の真名井」

金剱宮の天の真名井

恵比須社の手前には、天の真名井(あめのまない)があります。

天の真名井は境内に湧く泉で、大干ばつの時も長雨の時も、水量が変わらないことでも知られています。

金剱宮の天の真名井

また、「殿池」の名前で呼ばれていた時代もあり、古くから「霊水」として大切にされてきました。

本当にパワースポットなのか私には分かりませんが、パワーを感じる方によると、強い浄化の力があるスポットだとか。

金沢駅からのアクセス

金沢駅からのアクセスは、JRと北鉄石川線を乗り継ぐか、乗り換えなしで行ける「鶴来駅行き」の路線バスを利用することもできます(バスの本数は少ないです)。

電車のアクセスは、JRで「金沢駅」から隣の「新西金沢駅」で下車。

新西金沢駅で北鉄石川線に乗り換えて、終点の「鶴来駅」で下車します。

金劔宮のアクセス

鶴来駅から金剱宮までのアクセスは、歩いて12分くらい。

白山比め神社と金剱宮の2社をお参りする場合は、レンタサイクルが便利です。

レンタサイクルは、鶴来駅前の役場「白山市鶴来支所」の1階にある「観光案内所」で借りることができます。

金劔宮
【金剱宮の男坂】

金剱宮は坂を登った場所にあるため、レンタサイクルの場合は男坂の下に駐輪して、歩いて階段を登るルートが便利です。

私は、男坂の手前(上の画像の場所)にレンタサイクルを駐めて参拝しました。

マップの鳥居マークが「男坂」の場所で、赤い線が階段になります。

金劔宮

最後の階段を登ると、交通量の多い道路にぶつかります。

信号がない道路なので、車に注意して道路を横断しましょう。

白山比め神社で御朱印を拝受|金沢からのアクセス・受付時間・大判焼きを食べた感想をレポ

白山比め神社に参拝した記録と御朱印については、上のリンクをご覧ください。

お守りの種類

金劔宮のお守り

金剱宮では、さまざまなお守りを授かることができます。

一番人気があるのが、黄色い「金運御守」で初穂料は500円。

ほかには、鏡・剣・玉を型どった「三種の神器御守」700円も、手に入れたいお守りです。

ほかには、方位除け・心願成就・学業成就・健康・縁結び・交通安全のお守りも頒布していました。

いろいろな神社でお守りを授かると、管理することができないので、今回はいただかずに帰ってきましたが、今になって授かればよかったと少し後悔。

次に参拝するときには、「金運御守」と「三種の神器御守」を授かろうと思います。

オリジナル御朱印帳の販売

金劔宮では、オリジナル御朱印帳の頒布は行っていません。

御朱印帳がない場合は、金沢市の神社や、近くの白山比咩神社のオリジナル御朱印帳をいただくのもオススメです。

御朱印の受付時間

金劔宮の御朱印

金劔宮の御朱印は、社務所でいただけます。

御朱印の受付時間は9:00〜17:00。初穂料(値段)は500円でした。

【追記】

2019年に金劔宮がテレビで紹介され、お守りや御札などの在庫がなくなり、2020年1月から1ヶ月以上の期間にわたって社務所を閉められました。

また、御朱印の授与は、直書き・書き置きともに2019年12月から行われなくなりましたが、2020年2月には再開されたようです。

金運のご利益ではないという神社の公式見解

上の項目で紹介したとおり、金剱宮の主祭神は「瓊々杵命(ニニギノミコト)」で、天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫にあたる神様で、皇室の皇祖神の一柱です。

境内に祀られている「乙剱社(おとつるぎしゃ)」が金運アップのパワースポットと紹介され、「日本三大金運神社」の一社という話が広まり、金運アップのご利益を求める人が多く参拝するようになりました。

ところが、テレビで「金運神社」として紹介されたことにより、マナーを守らない参拝者も急増したようで、「本来のご神徳は金運ではない」という貼り紙をするという異例の事態に。

以下、神社の貼り紙の内容です。

ご参拝の皆さまへ

「マスコミ・インターネットでの報道について」

平素は、皆さまにおかれましては、ご敬神の念篤く、当宮にご参拝いただきありがとうございます。

さて、標記の件について皆さまにお伝えいたします。

以前より、TV・週刊誌・インターネットにおいて、当宮に関して「日本三大金運神社」「金運」などという言葉が流布しておりますが、これは当宮の公式見解ではございません。

当宮は鶴来町の氏神という存在として、この地でまつりごとを営んで参りました。地域の皆さま(氏子・崇敬者のみなさま)をお守りするという役割の神社です。お祀りする神さまも金運ではなく、健康・尚武の神さまです。当宮の本来の姿を十分にご理解いただき、加熱する不確かな情報に惑わされることなく、心穏やかにご参拝くださいますことを切にお願いいたします。

また、近年境内において「大声で嬌声をあげて騒ぐ」「立ち入るべきではないところに侵入する」など不適切な行為が目立ちます。どうか神さまの御前ですので謹んでいただくようお願いいたします。

令和2年1月吉日 金剱宮 宮司謹白

神社の方も相当悩まれたのだろうと推察いたします。神社にご迷惑をかけるような記事を書かないよう、心しなければと思いました。

私が参拝させていただいたときは、参拝者が数人しかいなかったので、緑に囲まれた境内でゆっくりと参拝できました。

皆がしっかりとマナーを守って、静かに参拝できる境内に戻ってほしいと切に願います。

金剱宮の詳細

  • 住所:石川県白山市鶴来日詰町巳118
  • 最寄駅:北鉄石川線「鶴来駅」から徒歩約12分
  • 駐車場:あり
  • 社務所受付時間:9:00〜17:00
  • 御朱印:あり
  • オリジナル御朱印帳:なし
【スポンサーリンク】