レンタカーで中国地方と四国地方(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・徳島県・愛媛県・香川県・高知県)の神社を巡り御朱印を頂きました。

中国地方や四国地方の神社を電車と路線バスで巡ると、移動にとてつもなく時間がかかってしまいます。

そこで、今回もレンタカーを利用。

今回の神社旅は、個人では行ったことがない四国の一宮巡拝をメインに、崇敬する神社とや気になっていた神社を巡りました。

このページでは、一週間の神社旅で参拝した神社の簡単な紹介とタイムスケジュール(後半分)を、日にちごとにまとめています。

「中国・四国神社旅の前半まとめ」は、前のページをご覧ください。

>>四国と中国地方の一宮をメインに巡る神社旅【1】ルートと御朱印のまとめ

7月4日 金刀比羅宮・田村神社・白鳥神社・大麻比古神社

タイムスケジュール(走行距離:約205km)
  • 08:10~09:45 :ベッセルホテル倉敷から金刀比羅宮へ
    走行距離:約64.8キロ
  • 09:45~11:00 :金刀比羅宮
  • 11:00~11:30 :神椿のカフェで休憩
  • 11:30~12:20 :金刀比羅宮から田村神社へ
    走行距離:約27.7キロ
  • 12:20~13:10 :田村神社
  • 13:10~14:10 :田村神社から白鳥神社へ
    走行距離:約34.1キロ
  • 14:10~14:50 :白鳥神社
  • 14:50~15:30 :白鳥神社から大麻比古神社へ
    走行距離:約22.5キロ
  • 15:30~17:00 :大麻比古神社
  • 17:00~18:05 :大麻比古神社からラッフルズホテル高松へ
    走行距離:約55.9キロ
  • ラッフルズホテル高松に宿泊

ベッセルホテル倉敷で朝食を食べてチェックアウト。

高速道路を利用して金刀比羅宮へ。

金刀比羅宮

500段目にある「神椿」の駐車場に車を入れて、まずは本社にお参り。

各地で集中豪雨が降っているせいか、人がとても少なかったです。

金刀比羅宮 奥社

白峯神社や摂社にお参りしながら、ひたすら階段を登って奥社「嚴魂神社」へ。

金刀比羅宮のお守り

奥社の授与所でしか頂けない天狗御守。

本社の授与所では、幸福の黄色いお守り・海上安全の御神符・家内安全の御神符を拝受しました。

金刀比羅宮の御朱印

御朱印はコロナ対策のため、すべて書き置きとなっています。

由加神社本宮との両参りで、御朱印を隣に書いて頂こうと思っていたので少し残念。

神椿の駐車場に車を停めたので、奥社まで行っても1時間15分くらいで戻って来ることができました。

以前参拝したときは、片道1,368段を登って、所要時間は往復3時間くらい。

今回は500段目から奥社に参拝したので、足がガクガクになることもなく楽に参拝できました。

金刀比羅宮のカフェ神椿

神椿の駐車場の利用は、カフェやレストランの飲食が条件です。

カフェで季節限定の「香川県産 桃のパフェ」1,500円を注文。

さわやかなパフェに大満足した休憩タイムになりました。

こんぴらさん(金刀比羅宮)の階段の所要時間は?御朱印とお守りの種類とご利益、バスツアーに参加した感想をレポ

金刀比羅宮の参拝記録は、上のリンクからご覧いただけます。

田村神社

金刀比羅宮の次は、讃岐國一宮 田村神社へ。

田村神社は七福神や龍神像などが祀られる、神仏習合の雰囲気が残る神社です。

田村神社

いつ見ても迫力ある龍神像。

画像だと伝わりにくいですが、とても大きな龍神です。

田村神社の御朱印

御朱印は直接書いて頂けました。

白鳥神社

田村神社をあとにして、東かがわ市の白鳥神社へ。

白鳥神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の霊が、白鳥となって舞い降りたという伝説が残る古社です。

白鳥神社のおみくじ

白鳥神社に参拝したのは、「はまちみくじ」が気になったから。

歴史ある神社ですが、公式キャラクター「みゃ~まる」や季節ごとの限定御朱印など、カワイイ要素がたくさん。

白鳥神社の御朱印

通常の御朱印を頂こうと思っていましたが、他の参拝者さんが限定御朱印を頂いているのに釣られ、私も限定御朱印をお願いしました。

かき氷の御朱印は、シロップの色を選ぶことができます。

御朱印を頂きながらお話を聞かせていただき、歴史を感じると共に、ほっこりした気分になれました。

大麻比古神社

最後に参拝した大麻比古神社。

阿波国一宮 大麻比古神社は、「大麻さん」の呼び名で、古くは阿波国・淡路国両国の総鎮守として、現在は徳島県の総鎮守として崇敬されています。

大麻比古神社

境内の「眼鏡橋」は、第一次世界大戦中に捕虜生活を送ったドイツ兵が作ったもの。

ドイツ橋も残っています。

大麻比古神社の御朱印

大麻比古神社でも御朱印を拝受しました。

大麻比古神社を後にして、買い物をしながら高松市のラッフルズホテル高松へ。

こんぴらさんの階段がきいたのか、アクセルとブレーキを踏むたびに右膝に痛みが。

一人で運転して巡拝するには、少々ハードなスケジュールだったかも。

7月5日 石清尾八幡宮・土佐神社・若宮八幡宮・龍王宮ほか

タイムスケジュール(走行距離:約324km)
  • 08:05~08:15 :ラッフルズホテル高松から石清尾八幡宮へ
    走行距離:約2.6キロ
  • 08:15~09:05 :石清尾八幡宮
  • 09:05~09:10 :石清尾八幡宮から道祖神社へ
    走行距離:約1.6キロ
  • 09:10~09:15 :道祖神社
  • 09:15~10:50 :道祖神社から土佐神社へ
    走行距離:約126.0キロ
  • 10:50~11:35 :土佐神社
  • 11:35~12:40 :土佐神社から若宮八幡宮へ
    走行距離:約16.4キロ
    ※途中のレストランでランチ
  • 12:40~13:10 :若宮八幡宮
  • 13:10~13:20 :若宮八幡宮から桂浜へ
    走行距離:約4.1キロ
  • 13:20~13:55 :龍王宮(桂浜)
  • 13:55~14:20 :桂浜から高知八幡宮へ
    走行距離:約12.0キロ
  • 14:20~14:50 :高知八幡宮
  • 14:50~14:55?:高知八幡宮から小津神社へ
    走行距離:約1.9キロ
  • 14:55~15:30 :小津神社・薫的神社
  • 15:30~16:00 :薫的神社から椙本神社へ
    走行距離:約11.2キロ
  • 16:00~16:30 :椙本神社
  • 16:30~20:30 :椙本神社からラッフルズホテル高松へ
    走行距離:約148キロ
  • ラッフルズホテル高松に宿泊
【スポンサーリンク】

ラッフルズホテル高松を出て、まずは石清尾八幡宮へ。

石清尾八幡宮

高松の総鎮守 石清尾八幡宮は「いわせをさん」の呼び名で親しまれています。

拝殿には茅の輪が設置されていて、昇段して茅の輪くぐりをさせて頂きました。

石清尾八幡宮の御朱印

石清尾八幡宮の限定御朱印。

七夕星まつりの金文字が入ったキレイな御朱印です。

鉢穴神社の御朱印

兼務社の鉢穴神社と道祖神社の御朱印。

コロナ感染対策のため、全ての御朱印が書き置きの対応でした。

石清尾八幡宮の鉢穴神社

石清尾八幡宮が兼務する鉢穴神社。

石清尾八幡宮の歩いて2~3分の場所なので、駐車場に車を停めたまま参拝できます。

道祖神社

御朱印を頂いた道祖神社。

車で5分くらいで着きましたが駐車場はなし。

神社の前に車を停めて、参拝だけしておいとましました。

その後、高速道路を使って高知市へ。

土佐神社

土佐国一宮 土佐神社の本殿は、左右に翼拝殿を設けた「入り蜻蛉(とんぼ)」という珍しい様式。

樹齢数百年の杉や樟に囲まれた静かな境内で、左右の拝殿に昇段して参拝することができます。

土佐神社の御朱印

美しい文字の御朱印です。

次に参拝した若宮八幡宮。

若宮八幡宮

長宗我部元親公が必勝祈願をした若宮八幡宮の社殿は、土佐神社とは逆の「出蜻蛉(とんぼ)」様式。

勝運の神様として、鎌倉時代から崇敬される古社です。

若宮八幡宮の御朱印

若宮八幡宮でも御朱印を頂くことができました。

龍王宮

次は桂浜の龍王岬に鎮座する海津見神社(龍王宮)へ。

青い空・青い海・朱色の社殿と、とても美しい神社です。

龍王宮の御朱印

書き置きの御朱印は在庫切れで、さきほど参拝した若宮八幡宮で頂けるとのこと。

戻って再び御朱印を頂くのも違うかなと思ったので、今回はご縁がなかったと思い桂浜を後にしました。

高知八幡宮

桂浜から高知駅近くに鎮座する高知八幡宮へ。

境内は狭いですが、恵比寿神社や釣船神社などいろいろな神様が祀られていました。

高知八幡宮の御朱印

書き置きの御朱印は授与所に並んでいて、初穂料を専用の箱に納めるようになっています。

頂いた御朱印は通常と限定の七夕御朱印。

高知八幡宮の御朱印

境内社「釣船神社」の御朱印も頂きました。

小津神社

高知八幡宮から30秒ほどの場所に鎮座する神明宮。

高知八幡宮の境外社かな?と思ったら、小津神社の御旅所と書いてある案内板が。

なにか気になったので、予定を変更して小津神社に向かいました。

小津神社

1000以上の歴史がある小津神社の御本社は熊野那智大社です。

参拝してから、熊野那智大社が御本社だということを知りました。

熊野三山の中で一番好きな熊野那智大社とのご縁に嬉しくなりました。

御朱印は近くの薫的神社で頂くことができるとのこと。

薫的神社

小津神社から2分ほど歩いて薫的神社へ。

薫的神社は、お坊さんがご祭神の全国的にも珍しい神社。

「くんてきさん」の名前で崇敬されています。

拝殿に施された龍神の彫刻が見事です。

薫的神社の御朱印

薫的神社で頂いた小津神社と薫的神社御朱印。

熊野信仰の象徴でもある八咫烏が押されています。

小津神社の御朱印

この日、最後に参拝した神社は、「いの町」に鎮座する椙本神社。

薫的神社から椙本神社に向かう途中、突然の集中豪雨に見舞われて運転するのが怖くなるほど。

椙本神社

ところが、椙本神社に到着する少し前になると雨が止み、境内に入ると太陽の光が差し込んでいます。

神様に歓迎されているようで嬉しくなりました。

椙本神社の御朱印

椙本神社では、御朱印(書き置きのみ)と、大黒様と恵比寿様のおみくじを頂きました。

椙本神社のおみくじ

椙本神社を後にして、連泊しているラッフルズホテル高松へ。

翌日のスケジュールを考えると、高知市に泊まったほうが移動距離が短いのです。

ところが、局地的に集中豪雨に見舞われる天気予報だったので、ノープランで高松に2連泊でホテルを予約したため、無駄に移動距離の長いスケジュールになってしまいました。

さらに、使い慣れないレンタカーのカーナビ設定をいじったみたい。

高速の入り口ってこんなに遠かったっけ?と思いながらナビの指示どおりに走っていたら、有料道路回避の設定に気づいたのは60キロ位走った後。

半分以上の距離を走ってから高速に乗るのも嫌になり、行きは1時間40分、帰りは3時間35分かかってしまいました。

アホすぎる・・・。

【スポンサーリンク】

7月6日 伊曽乃神社・石鎚神社・伊佐爾波神社・伊豫豆比古命神社・大山祇神社ほか

タイムスケジュール(走行距離:約456km)
  • 07:05~08:25 :ラッフルズホテル高松から伊曽乃神社へ
    走行距離:約116.0キロ
  • 08:25~08:55 :伊曽乃神社
  • 08:55~09:05 :伊曽乃神社から石鎚神社へ
    走行距離:約6.0キロ
  • 09:05~10:10 :石鎚神社 口之宮 本社
  • 10:10~11:10 :石鎚神社から伊佐爾波神社へ
    走行距離:約50.3キロ
  • 11:10~12:05 :伊佐爾波神社・湯神社
  • 12:05~12:55 :伊佐爾波神社から伊豫豆比古命神社 
    走行距離:約6.4キロ
    ※途中のレストランでランチ
  • 12:55~13:15 :伊豫豆比古命神社
  • 13:15~13:35 :伊豫豆比古命神社から三津厳島神社へ
    走行距離:約10.6キロ
  • 13:35~13:55 :三津厳島神社
  • 13:55~15:20 :三津厳島神社から大山祇神社へ
    走行距離:約81.2キロ
  • 15:20~16:00 :大山祇神社
  • 16:00~16:35:大山祇神社から大山神社へ
    走行距離:約24.6キロ
  • 16:35~17:10 :大山神社
  • 17:10~19:25 :大山神社から出雲ロイヤルホテルへ
    走行距離:約161キロ
  • 出雲ロイヤルホテルに宿泊

ラッフルズホテル高松を出て伊曽乃神社へ。

伊曽乃神社

8時30分の朝拝に参列し、お祓いをして頂くことができました。

朝拝終了後、ゆっくりと境内社もお参り。

伊曽乃神社の御朱印

摂社の古茂理神社の御朱印も頂けます。

私は、伊曽乃神社の御朱印を拝受後に古茂理神社に参拝して御朱印があることに気づいたので、今回は頂きませんでした。

古茂理神社

瑞々しい緑の葉を茂らせる御神木と、木花之佐久夜毘売命像が印象に残る神社でした。

石鎚神社

伊曽乃神社を後にして、約6キロ離れた石鎚神社 口之宮 本社へ。

口之宮 本社の授与所で、「石鎚山ロープウェイで七合目まで行って成就社に参拝できますか?」と聞いてみました。

「ロープウェイは密になるので気をつけて頂ければ」と、あまり推奨しない雰囲気のお返事。

今回は、口之宮 本社の参拝だけにしました。

次は頂上社に登拝するのは無理としても、成就社には参拝したいと思います。

石鎚神社の御朱印

石鎚神社の御朱印はコロナ感染対策のため全て書き置き。通常と特別の2種類です。

私は特別御朱印を拝受しました。

次は、道後温泉の中心地に鎮座する伊佐爾波神社へ。

伊佐爾波神社

伊佐爾波(いさにわ)神社は、京都の石清水八幡宮の社殿を模したとされる社殿と、朱色の楼門が美しい神社。

社殿近くの駐車場は、参拝者は1時間まで無料なので利用させて頂きました。

伊佐爾波神社の御朱印

参拝後、授与所で御朱印を拝受。

こちらも新型コロナ感染対策のため、御朱印は書き置きのみでした。

車を駐車場に停めたまま、近くの湯神社へ。

湯神社は冠山に鎮座するため、伊佐爾波神社の急で長い階段を降りたあと、冠山の坂道を登って湯神社に到着。

湯神社

湯神社からは、道後温泉本館や松山城などの風景を楽しむことができます。

湯神社の御朱印

湯神社でも御朱印を拝受。

伊佐爾波神社の階段

湯神社に参拝し、道後温泉本館の建物を見て楽しんだら、再び伊佐爾波神社の駐車場へ。

湯神社に行くために下った階段を、今度は登って駐車場に向かいます。

かなりキツイので階段を登り下りしたくないときは、湯神社前の駐車場(有料)を利用するのがオススメです。

次は、松山市内に鎮座する伊豫豆比古命神社へ。

伊豫豆比古命神社

伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)神社は、「お椿さん」「椿神社」の呼び名で崇敬される、開運・商売繁盛のご神徳で有名な神社。

伊豫豆比古命神社の富久椿

回廊には奉納された「冨久椿」の巨大なお守りや縁起物が並んでいました。

伊豫豆比古命神社の御朱印

伊豫豆比古命神社では、境内社の勝軍八幡神社と児守神社の御朱印も拝受。

次は、グーグルマップを検索して気になった三津厳島神社へ。

三津厳島神社

三津厳島神社は1400年以上の歴史を持つ神社。

境内には、涼しげな花手水や風鈴などを楽しむ女性の参拝者が数人いました。

三津厳島神社の御朱印

授与所で通常の御朱印をお願いしたところ、限定もありますと声をかけて頂き、夏詣の切り絵御朱印も頂くことに。

三津厳島神社の御朱印

鯛が可愛らしい切り絵御朱印は、8月はピンク色を授与する予定だそうです。

駆け足の参拝になりますが、次は大三島に鎮座する伊予国一宮 大山祇神社へ。

大山祇神社

鳥居をくぐって境内に入ると、目に飛び込んできた大きくて立派な御神木。

大山祇神社

大山祇神社の広々とした境内と木々の緑に、心洗われる気持ちで参拝しました。

大山祇神社の御朱印

大山祇神社でも御朱印を拝受。

授与所の受付時間に間に合いそうだったので、最後は尾道の大山神社へ。

大山神社

因島最古の大山神社の境内には、珍しい自転車神社があります。

大山神社の御朱印

大山神社でも御朱印を拝受。

境内社の自転車神社と耳明神社の御朱印も頂きました。

大山神社の御朱印帳

自転車がデザインされた御朱印帳も衝動的に頂き、またお気に入りの御朱印帳が増えました。

17時過ぎ、大山神社をあとにして高速道路で出雲市へ。

出雲ロイヤルホテルの夕食

19時半ごろ、出雲ロイヤルホテルにチェックイン。

予約をしておいた夕食を食べて部屋に戻り、気がついたら朝になっていました。

7月7日 出雲大社

最後に参拝した出雲大社。

出雲大社

大雨洪水警報が発令され、冠水したり通行止めになる道路がある中、雨が止んでいるタイミングに参拝することができました。

出雲大社の御朱印

御朱印を拝受して、自宅方面へ車を走らせると、突然50メートル先も見えないくらいの集中豪雨に。

数時間の帰り道は大雨が続きましたが、無事に帰宅することができました。

まとめ

ずっと参拝したかった四国の一宮を巡拝できた、とても楽しい神社旅になりました。

離島に住んでいて、本土に行ける回数が限られてしまうため、本土にいる間はできるだけ行きたい場所を巡りたくなります。

毎回、運転と参拝ですごく疲れるハードなスケジュールで、自宅に帰った翌日はほぼ廃人状態に。

ゆっくりと参拝したい方は、私のスケジュールの半分くらいが適正かと思います。

このページが、神社好きな皆様の何かしらの参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】