気多大社

石川県市に鎮座する、気多大社に電車と路線バスで参拝してきました。

能登国一宮の気多大社は、縁結びのご利益と「気」の文字がデザインされた「気守り」や御朱印帳が有名な神社です。

このページでは、電車とバスのアクセス、ご祭神とご利益、御朱印とお守りの受付時間、入らずの森開放期間、周辺のランチなどを紹介します。

ご祭神とご神徳(ご利益)

気多大社の拝殿

気多大社のご祭神は、大己貴命(オオナムチノミコト・大国主命)です。

大己貴命のご神徳は、縁結び・夫婦和合・五穀豊穣・子授・病気平癒・商売繁昌など。

私達が手を合わせる拝殿(上の画像)は、1653年(承応2年)建立されたもので、重要文化財に指定されています。

境内の見どころ

気多大社

本殿の向かって左側に鎮座する「若宮神社本殿」は1569年(永禄12年)建立。

ご祭神は、事代主神(コトシロヌシノカミ)で、「えびす様」として親しまれる神様です。

気多大社の摂社白山神社

本殿の向かって右側に鎮座する「白山神社本殿」は1787年(天明7年)建立。

ご祭神は、菊理姫命(ククリヒメノミコト)です。

気多大社の摂社白山神社

こちらは、白山神社をズーム撮影したもの。木彫りの龍神が見事です。

気多大社

太玉神社(ふとだま神社)のご祭神は天太玉神。

天太玉神は、神事の神、占いの神とされています。

気多大社

お社の手前には、小石がいくつも積まれています。

小石が積まれている理由は、「縁結びの祈願後に、小石を積むと願いが叶う」と言われているから。

縁結びの祈願をしたあとに、心を込めて小石を積めば、望み通りのご縁をいただけるかもしれません。

気多大社

神門は桃山時代に建立されたもの。

6月に参拝したときは、神門の「茅の輪」をくぐることができました。

気多大社

菅原神社のご祭神は菅原道真公で、学問や仕事運向上のご神徳をいただける神様です。

菅原神社の手前には「合格橋」があり、お社の横には沢山の絵馬が奉納されていました。

気多大社

境内の隅に「幸運のだいこく像」が祀られています。

気多大社

大黒天は、気多大社のご祭神である「大己貴命(大国主命)」の化身です。

大黒様にも忘れずにお参りするようにしましょう。

御朱印帳とお守り

気多大社

気多大社の御朱印帳は、紺色の表紙の中心に、金色の「氣」の文字がデザインされたものになります。

私は御朱印帳をいただかなかったので、画像はありません。上の画像の、木彫りの「氣」の文字が御朱印帳にもデザインされています。

大きさは、神社の普通のサイズ(縦16センチ・横11センチ)で、初穂料(値段)は、御朱印込みで1,300円です。

また、神職と鵜・巫女さんの写真がプリントされた、大判の御朱印帳もいただくことができます。

気多大社のお守り

おすすめのお守りは「気守」と「光守」で、初穂料は500円。

「気守」は、「入らずの森」から良い気をいただいて願いが叶うよう祈願されたお守りです。

そのほか、入らずの森をデザインした「令和守」のほか、「心むすび守」「福縁的中守」「きれい結守」「縁切り結守り」など、「ご縁」に関するお守りが頒布されていました。

御朱印の受付期間

気多大社

御朱印は授与所でいただくことができます。

受付時間は、8時30分から16時30分まで。御朱印の初穂料は300円でした。

入らずの森(いらずの森)の開放期間

気多大社の入らずの森

入らずの森(いらずの森)が、天皇陛下御即位記念として、特別に特別参拝することができます。

なお、拝殿でお祓いをしたあとに、「入らずの森」の中で、奥宮(ご祭神:素盞鳴尊・櫛稲田姫)に玉串の奉典を行うため、男性は背広とネクタイ着用、女性はスーツやフォーマルな服装で参列する必要があります。

  • 特別参拝期間:2019年12月1日~31日
  • 受付時間:8時30分から15時まで(※16時30分から15時に変更)
  • 初穂料:3,000円

周辺のランチ情報

気多大社の周辺(徒歩15分くらいの範囲)に、レストランはありません。

また、最寄駅の羽咋駅にもレストランがないため、ランチを食べたいときは車で何キロか移動する必要があります。

私は、金沢でお気に入りの「ひらみぱん」でパンを買って、羽咋駅でバスが来るのを待っている間にパンを食べました。

金沢駅からのアクセス

気多大社のアクセス

金沢駅から気多大社への電車とバスのアクセスは、乗換なしの急行バスに乗る方法と、羽咋駅(はくい駅)でバスに乗り換える方法があります。

金沢駅西口7番バス停から「羽咋・高浜・富来 」行きの特急バスに乗ると、乗り換えなしで気多大社まで行くことができます。

ただし、急行バスはとても本数が少ないため、往復で利用することはできません。

急行バスの時刻表

  • 【金沢駅 → 一の宮】1日3便
    10:00→11:06
    16:20→17:26
    17:40→18:46
  • 【一の宮 → 金沢駅】1日1便
    07:30→08:50

羽咋駅からのアクセスと地図

気多大社行きのバス

羽咋駅(はくい駅)から気多大社の行き方は、1番乗り場から「富来行き」のバスに乗って「一の宮」停留所で下車します。

気多大社の最寄りのバス停

羽咋駅から一の宮までの所要時間は、約10分になります。

羽咋駅~気多大社のバス時刻表

  • 羽咋駅の時刻表(富来行き) ※「一の宮」で下車
    07:05・07:50(日祝)のみ運休
    09:40
    10:57(急)
    11:35
    12:50
    14:2514:35(土日祝のみ運行)
    16:00
  • 一の宮バス停の時刻表(羽咋駅行き)
    07:28・07:30(急)・07:5007:57
    08:32
    09:07・09:48
    11:17
    12:18
    13:53
    16:38

※赤字は土日祝日運休。

※JR七尾線とバスの時刻表は連動していません。電車とバスを乗り継ぐには、数十分~1時間以上待つ場合があります。

気多大社

「一の宮」停留所で降りて、バスの進行方向に進むと、左手に郵便局と「気多大社」の案内板があるので、案内板のある場所を右折。

郵便局の場所は、下の地図の①の場所になります。

気多大社

2~3分歩くと「能登一の宮 気多大社」の案内板がある場所を左折。

左折する場所は、下の地図の②の場所になります。

気多大社の地図

地図の②の場所から、一の鳥居まで1~2分の距離になります。

レンタサイクルの利用

気多大社

結論から書くと、羽咋駅にはレンタサイクルがありますが、利用しないほうがいいです。

羽咋駅から気多大社までの距離は4.3kmあり、片道1車線の交通量が多い道路を通るのが最短距離ルート。

バスに乗って神社までの最短ルートを見たところ、ほとんどの場所で歩道がなく、トラックなどの大型車も多いうえに、羽咋駅から気多大社までは緩やかな坂が続きます。

レンタサイクルで行くのは、かなり大変で危ないと思いました。

駅員さんに、レンタサイクルで神社まで行く人はいるかを聞いたら、アップダウンがあり危ないので、タクシーか路線バスを使う人ばかりだそうです。

どうしてもレンタサイクルで行きたい場合は、2時間300円で借りることができます。

気多大社へ行く定期観光バス

電車とバスを乗り継ぐのが面倒な場合は、気多大社に立ち寄るバスツアーを利用する方法もあります。

バスツアーは毎日運行されていて、日本で唯一”車で走れる砂浜”として人気の「千里浜なぎさドライブウェイ」も通るコースになっています。

気多大社

定期観光バスは事前予約制で、コース料金は大人5,500円。

「ななお号」は和倉温泉出発になるので、和倉温泉に泊まった翌日にバスツアーを利用するのがオススメです。

定期観光バス「ななお号 」のコース

  • 和倉温泉バスターミナル 8:40発
  • 一本杉通り商店街・花嫁のれん館 約55分
  • 巌門 約40分
  • 気多大社 約15分
  • コスモアイル羽咋 約30分
  • 千里浜なぎさドライブウェイ
  • 金沢駅西口 14:45頃到着

※金沢駅から出発するコースはありません。

おまけ

羽咋駅

気多大社が鎮座する羽咋市は「UFOのまち」だそうです。

「UFOのまち羽咋」の由来は、重要文化財の調査や発掘を進めていくなかで、気多大社の「古縁起」、眉丈山系の「なべふり伝説」、鹿島町史の「そうはちぼん伝説」など、「UFO]を連想される記述が多く残されているからだとか。

羽咋駅

羽咋駅のあちこちに、UFOや宇宙人がいて、可愛らしくて笑ってしまいました。

気多大社の詳細

気多大社

  • 住所:石川県羽咋市寺家町ク1
  • 駐車場:あり
  • 最寄駅:羽咋駅からバス「富来行き」に乗車「一の宮」下車、徒歩約6分
  • 参拝可能時間:8:30~16:30(7月中旬~8月下旬は18:00まで)
  • 祭神:大己貴命(大国主命)
  • 例祭
    入らずの森 奥宮例祭「気の葉祭」12月29・30・31日
    縁結び祭:4月29日~5月5日・7月1日~8月31日
    心結び大祭:8月13・14日
  • 公式サイト:https://keta.jp/

このページの情報は掲載時のものです。現在は受付時間や初穂料が変更になっている可能性があるため、参拝前に公式サイトで詳細をご確認ください。