安江八幡宮

安江八幡宮 金沢水天宮に参拝して、「起き上がり」をデザインした御朱印帳と御朱印を授かりました。

安江八幡宮は金沢駅から徒歩5分とアクセスが良く、「加賀八幡起上り」発祥の神社です。

このページでは、金沢駅からのアクセス、ご祭神とご利益、オリジナル御朱印帳と御朱印について紹介します。

【スポンサーリンク】

ご祭神とご神徳

安江八幡宮

安江八幡宮のご祭神は、誉田別尊(応神天皇)・気長足姫尊(神功皇后)・玉依姫命の3柱。

金沢水天宮のご祭神は、天御中主神(アメノミナカヌシ)・安徳天皇の2柱です。

ご神徳(ご利益)は、厄除開運・交通安全・必勝守護・家内安全・病気平癒・縁結び・安産守護など。

境内社

安江八幡宮

境内社は、一の鳥居をくぐると、二の鳥居の手前の右側に並んでいます。

稲荷社

安江八幡宮

ご祭神は、伏見稲荷大社(京都)のご分霊「宇迦之御魂大神」。商売繁盛・五穀豊穣のご神徳があります。

色彩が美しい陶器の狛狐が印象に残りました。

白鳥社

安江八幡宮

白鳥社は、宝暦3年(1753年)創業の「林茶店」が所有する茶畑より現れた御神像を祀るお社。

御神像は「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」として境内に祀られました。

ご神徳(ご利益)は、五穀豊穣・商売繁盛・出世・開運招福など。

結社

安江八幡宮

結社は、金沢市玉川町にお祀りされていたお社を、昭和50年に境内に遷座。

ご祭神は、「高皇産霊神」「神産巣日神」の2柱で、諸願成就・縁結びのご神徳(ご利益)があります。

小さなお社の中には、小さな「起き上がり」が何体も奉納されていました。

加賀八幡起上り発祥の神社

安江八幡宮

「加賀八幡起上り」は、八幡大神が誕生されたときの、真紅の産着のお姿を写したものです。

昔、氏子が「起き上がり」を発案。毎年正月に献じたことにはじまり、起き上がることから「厄除け・病気平癒・愛児の健康祈願・社業繁栄・商売繁盛」のお守りとされるようになりました。

ひゃくまんさん
【ひゃくまんさん】

また、「加賀八幡起上り」が石川県のキャラクター「ひゃくまんさん」のモデルになったことでも知られています。

「ひゃくまんさん」の大きな人形は、金沢市尾張町の「ひゃくまんさんの家(八百萬本舗)」の2階で撮影。

大きな「ひゃくまんさん」の横に座って、一緒に写真を撮ることもできます。

安江八幡宮

授与所では、2サイズ・5カラー(赤・白・薄紫・薄緑・黄)の「起き上がり」を授かることができます。

拝殿の壁には色とりどりの「起き上がり」が奉納されていました。

安江八幡宮

御朱印帳などは、起き上がりがデザインされた袋に入れていただけます。

起き上がりデザインのビニール袋は、厚手でしっかりした作り。

あまりにも可愛らしいので、御朱印帳などを入れる予定です。

オリジナル御朱印帳は2サイズ

安江八幡宮の御朱印帳
【安江八幡宮の御朱印帳】

安江八幡宮のオリジナル御朱印帳は、大サイズと小サイズがあり、起き上がりがデザインされています。

小サイズの御朱印帳は、紫色の表紙に小さな起き上がりを左下に配置。

大サイズは朱色の表紙に、見開きで起き上がりをデザイン。

いただいた御朱印帳の大きさは、縦18センチ・横12センチで、初穂料(値段)は1,700円。

大きな御朱印帳に一目惚れして、まだ使っていない御朱印帳が数冊あるのに、衝動的にいただいてしまいました。

御朱印の受付時間

安江八幡宮

御朱印の初穂料(値段)は300円なので、御朱印帳と合わせて2,000円を納めさせていただきました。

社務所の受付時間は、9時から16時までになります。

御朱印は、起き上がりの押印がカワイイです。シールも一緒にいただけました。丁寧に御朱印を書いていただき、ありがとうございます。

【スポンサーリンク】

金沢駅からのアクセスマップ

安江八幡宮のマップ

安江八幡宮は、金沢駅の「兼六園口」から歩いて5分になります。

金沢駅の「兼六園口」は、撮影スポットとしても人気の「鼓門」があり、反対側の「金沢港口」は門がないので、間違えることはないと思います。

また、商業施設の「金沢フォーラス」と「ホテル金沢」「ホテルエコノ金沢駅前」を目印にして大通りを歩けば、分かりやすいと思いました。

簡単なマップを作ったので、お役に立てれば幸いです。

安江八幡宮の詳細

安江八幡宮

  • 住所:石川県金沢市此花町11-27
  • 最寄駅:金沢駅から徒歩約5分
  • 駐車場:あり(20台)
  • 参拝可能時間:自由
  • 社務所受付時間:9時~16時
  • 定休日:なし
【スポンサーリンク】