那智山の熊野那智大社、青岸渡寺と飛瀧神社(那智の滝)を巡りました。

このページでは御祭神と御神徳(ご利益)、御神木の胎内くぐり、御朱印帳やお守りの授与品、御朱印の受付時間、周辺の駐車場と階段マップを紹介。

また、最初の参拝はバスツアー、2回目の参拝はレンタカーを利用して感じたメリットとデメリットも紹介します。

御祭神と御神徳

熊野那智大社の祭神

  • 御祭神:熊野夫須美大神(伊弉冉命)・御子速玉大神(伊弉諾尊)・家都御子大神(素盞鳴尊)・天照大神・大己貴命・天神地祗
  • 御神徳:縁結び・恋愛成就・子宝祈願・子授かり・夫婦円満・家庭円満・商売繁盛・五穀豊穣・金運上昇など

ヤタガラスがご祭神の御縣彦社

熊野那智大社

拝殿横の御縣彦社(みあがたひこしゃ)には八咫烏(ヤタガラス)が祀られています。

  • 御祭神:八咫烏
  • 御神徳:道ひらき・必勝・交通安全など
【スポンサーリンク】

御神木の大楠

授与所前の木がご神木の大楠です。

熊野那智大社の御神木

樹齢は約850年。

平重盛が植えたと伝えられています。

熊野那智大社の御神木

太い幹の中は空洞化してしまいましたが、「樟霊社胎内くぐり」として通り抜けることができます。

熊野那智大社の御神木

「樟霊社胎内くぐり」のやり方は、300円の初穂料を収めて備え付けの「護摩木」に願意と氏名を記入。

書き入れた護摩木を手に持って空洞を通り抜けたら、護摩木を護摩舎に納めます。

境内の見どころ

熊野那智大社

大きめサイズの狛犬。

熊野那智大社

ニコッと笑っているように見えて可愛いです。

熊野那智大社の手水舎

神馬舎手前の手水舎。

熊野那智大社の神場舎

神馬舎の横に熊野那智大社有料駐車場の出入口があります。

熊野那智大社の手水舎

階段を登りきった境内の手水舎。

 

熊野那智大社

拝殿・授与所・御神木の大楠。

緑豊かな境内に朱色の建物が映えます。

熊野那智大社

拝殿と八咫烏を祀った御縣彦社。

奥には本殿の屋根が見えます。

熊野那智大社

ここで御縣彦社に参拝します。

熊野那智大社

御縣彦社前の八咫烏の像。

穏やかな顔で天を仰ぎ見ているように見えました。

熊野那智大社の絵馬

八咫烏デザインの絵馬。

熊野那智大社

宝物殿には大きな干支の絵馬が飾られています。

2020年は白い親子のネズミ。

熊野那智大社

2021年は黒い牛のデザインでした。

お守りと授与品の種類

  • 烏牛王神符 800円
  • 昇運神龍守 800円
  • 勝守 800円
  • 開運招福守 1,000円
  • さくら結守 800円
  • 健康守 800円
  • 御幸守 800円
  • やたがらす守 800円
  • 子供守 800円
  • 無病息災守 800円
  • 心願成就守 800円
  • 夫婦守 800円
  • 金運足腰健康守 800円
  • 神殿守 1,000円
  • 腕輪守 3,000円
  • 純銀鈴守 5,000円
  • 烏みくじ 500円

授与所でお守りなどを頂く方を見ていると、烏文字の護符「烏牛王神符」や龍神デザインの黒いお守り「昇運神龍守」が人気のようです。

また、可愛い表情をした八咫烏(ヤタガラス)の「烏みくじ」も人気のようでした。

これらの授与品は飛瀧神社(那智の滝)でも頂くことができます。

御朱印の受付時間と初穂料

頂ける御朱印は、「熊野那智大社」「御縣彦社」の2種類です。

熊野那智大社の御朱印

最初にバスツアーで参拝した時は、通常の御朱印と限定御朱印の両方を拝受。

熊野那智大社の御朱印

このときは「日本書紀編集1300年・東京五輪 聖火リレー記念」の特別御朱印でした。

熊野那智大社の御朱印

2021年は通常の御朱印のみ拝受。

授与所の受付時間は8時ごろから16時30分ごろまで。

通常御朱印の初穂料は300円、特別御朱印は書き置きのみで500円です。

御朱印帳の種類と初穂料

熊野那智大社の御朱印帳

熊野那智大社ではオリジナル御朱印帳を頂くことができます。

  • 扇祭(那智の火祭り)デザイン
    ・初穂料 1,500円
    ・サイズ 小さいサイズ(縦約16センチ・横約11センチ)
  • 社殿と那智の滝デザイン
    ・初穂料 1,500円
    ・サイズ 小さいサイズ(縦約16センチ・横約11センチ)
  • 木製御朱印帳
    ・初穂料 2,500円
    ・サイズ 小さいサイズ(縦約16センチ・横約11センチ)

画像の「扇祭デザイン」の御朱印帳は、金色の糸が使われた色鮮やかなデザインに一目惚れ。

使い切れない御朱印帳が何冊もあるのに、衝動的に頂いてしまいました。

なお、飛瀧神社(那智の滝)でも同じ御朱印帳を頂くことができます。

足が悪い方や車椅子での参拝方法

熊野那智大社

熊野那智大社の参道は階段だらけですが、足が悪い方は有料の「青岸渡寺駐車場」を利用すれば、階段を少し登るだけで「熊野那智大社」と「青岸渡寺」を参拝することができます。

車椅子の場合は、有料駐車場を利用しても階段の登り降りをしなければなりません。

事前に問い合わせを入れれば、参拝方法や時間に制限がありますが参拝することが可能です。

青岸渡寺と三重塔への行き方

熊野那智大社

熊野那智大社と青岸渡寺は隣り合っているので、続けて参拝することができます。

門の向こう側が「熊野那智大社」、手前側が「青岸渡寺」の境内。

門の手前には階段が数段あります。

熊野那智大社と青岸渡寺

国の重要文化財に指定されている青岸渡寺。

熊野那智大社の授与所から、歩いて約1分くらいです。

熊野那智大社

さらに1~2分歩くと、那智の滝と三重塔が見えるビュースポットに到着。

那智の滝と三重塔の両方が美しく見えるのは、このエリアだけになります。

熊野那智大社

三重塔の真下まではビュースポットから2~3分の距離です。

周辺駐車場と階段マップ

熊野那智大社・那智の滝・青岸渡寺マップ

熊野那智大社に一番アクセスが良い駐車場は、熊野那智大社駐車場か青岸渡寺駐車場。

どちらも駐車料金は無料ですが、駐車場まで行く道路の通行料800円が必要です。

熊野那智大社の駐車場

熊野那智大社駐車場には、宝物殿の無料券がついていました。

熊野那智大社

熊野那智大社周辺の無料駐車場は「那智山観光センター駐車場」1ヶ所だけになります。

無料駐車場から熊野那智大社までは、473段の急な階段を登るルートで、足が悪い人には厳しいです。

熊野那智大社

ひたすら階段を登り続けるので、階段を登るのが難しい場合は、一番少ない段数で境内に行ける「青岸渡寺駐車場」がお勧めです。

熊野那智大社・青岸渡寺・飛瀧神社(那智の滝)オススメの駐車場|階段が少ないルートで巡る方法とは

アクセスの良い駐車場、無料駐車場を利用して熊野那智大社・青岸渡寺・飛瀧神社(那智の滝)を巡るルートについては、上のリンクをタップしてご覧ください。

青岸渡寺と飛瀧神社(那智の滝)を巡る所要時間

熊野那智大社・青岸渡寺・飛瀧神社(那智の滝)を徒歩で巡る所要時間です。

  • 無料駐車場→熊野那智大社 15~20分
  • 熊野那智大社→青岸渡寺 1分
  • 青岸渡寺→飛瀧神社 20~30分
  • 飛瀧神社→無料駐車場 15~20分

熊野那智大社・那智の滝・青岸渡寺マップ

青岸渡寺から那智の滝までは約1キロの距離ですが、階段が多いため足が悪い方はかなり時間がかかるかもしれません。

歩きで那智山を巡る場合は、余裕をもったスケジュールを組むことをお勧めします。

【スポンサーリンク】

電車と路線バスのアクセス

熊野那智大社へのアクセスは、JR紀勢本線 紀伊勝浦駅から路線バス31系統「那智山行き」に乗車。

「那智山」で下車すると、徒歩2~3分で参道入口に到着します。

参道入口から境内までは473段の階段を登って約15分です。

東京方面からのアクセス

  • 羽田空港→南紀白浜空港(JAL)
  • 南紀白浜空港→紀伊勝浦駅(空港連絡バス)
  • 紀伊勝浦駅→那智山(路線バス31系統)

大阪・京都方面からのアクセス

  • 新大阪駅・京都駅などから「特急くろしお号」に乗車して紀伊勝浦駅で下車
  • 紀伊勝浦駅から路線バス31系統「那智山行き」に乗車して「那智山」下車、徒歩約15~20分

バスツアーと車のメリットとデメリット

バスツアーのメリットは、1日で熊野三山を効率よく巡れて、飛瀧神社では鳥居横の駐車場に停めてくれたこと、山道を運転せずに座っていれば目的地に着くことです。

デメリットは、時間に追われて自分のペースで巡れず、ゴトビキ岩がご神体の神倉神社や熊野三山奥の院 玉置神社には行けない点でした。

熊野三山 日帰りバスツアーで御朱印と御朱印帳を拝受|熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社・飛瀧神社を巡った感想

車で行くメリットは、自分のペースで巡拝できて、階段を登らずに参拝できる有料駐車場を利用できること。

また、周辺のホテルに宿泊して、神倉神社・玉置神社・花の窟神社なども巡れたことです。

デメリットは熊野三山を1日で巡ると、運転と参拝の繰り返しで体力的にキツイこと、玉置神社などを巡るには細くて急カーブが多い山道を延々と運転して疲れてしまった点でした。

熊野三山と玉置神社、丹生川上神社3社巡りのルート|所要時間や御朱印などの情報まとめ

どちらにもメリットとデメリットがあるので、行きたい場所や体力、自由になる時間を考え、バスツアーや車を上手く使って参拝するのが良いと思います。

熊野那智大社の詳細

  • 住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
  • 駐車場:あり(利用時間 8: 15~15:45・800円・約30台)
    ※周辺に「那智山観光センター」の無料駐車場あり
  • 最寄り駅:JR紀伊勝浦駅から路線バス
  • 参拝所要時間:20~60分
  • 授与所受付時間:8時45分ごろ~16時30分ごろ
  • オリジナル御朱印帳:あり
  • 御朱印:あり

※このページの内容は参拝時、および執筆時のものになります。受付時間や初穂料などが変更になっている可能性があります。

【スポンサーリンク】