レンタカーで和歌山・奈良の神社を巡る3泊4日の神社旅をしました。

電車と路線バスで行くのは難しい、玉置神社・丹生川上神社三社・熊野三山をメインに巡拝し、御朱印帳や御朱印を拝受。

このページでは、神社を巡ったルートや走行距離、宿泊したホテルとタイムスケジュールを紹介します。

4月4日 日前神宮・伊太祁曽神社・大歳神社・切目神社

タイムスケジュール(走行距離:約221km)
  • 8:50~10:50 :京都駅近くのレンタカー屋から和歌山へ
    走行距離:約118キロ
  • 10:50~11:20 :日前神宮・國懸神宮
  • 11:20~11:40 :日前神宮から伊太祁曽神社へ
    走行距離:約7.5キロ
  • 11:50~12:20 :伊太祁曽神社
  • 12:20~13:45 :伊太祁曽神社から大歳神社へ
    途中のコンビニでお昼ごはん
    走行距離:約49.1キロ
  • 13:45~16:00 :大歳神社
  • 16:00~16:15 :大歳神社から切目神社へ
    走行距離:約10.9キロ
  • 16:15~16:35 :切目神社
  • 16:35~17:25 :切目神社から白浜へ
    走行距離:約35.2キロ
  • ベイリリィ国民宿舎しらゆり荘に宿泊

京都駅から徒歩約5分の店舗でレンタカーを借り、まずは紀伊国一宮の「日前神宮・國懸神宮」を目指しました。

日前神宮

日前神宮・國懸神宮は落ち着いた雰囲気の神社で、静寂な中に張り詰めた空気を感じます。

参拝後に御朱印を拝受し、約7キロ離れた伊太祁曽神社へ。

伊太祁曽神社

参拝した4月4日は「木祭り」で、お神楽を後方から見ることができました。

木の神様を祀っているため、境内にはチェーンソーカービングの彫刻がたくさん奉納されています。

中でも蛭児神社前に飾られた龍神が大きくてカッコよくて印象に残りました。

大歳神社

和歌山市から印南町の大歳神社へ。

小さな神社ですが、とあるご縁でずっと参拝したかったので、3月のうちに正式参拝の予約を入れておきました。

大歳神社(和歌山県印南町)で御朱印を拝受|楠之宮で金運上昇・安産祈願のお参りも

宮司さんとお話ししながら御朱印も書いて頂き充実した時間になりました(すごく楽しくて長居してしまい申し訳ありません)。

切目神社

大歳神社の宮司さんが兼務する切目神社へ。

切目神社は熊野九十九王子のなかでも地位の高い五体王子のひとつで、私が住む島の神社ともゆかりがある古社です。

参拝後、ご本殿前に並んでいた書き置きの御朱印を頂いて神社を後にしました。

ベイリリィ国民宿舎しらゆり荘

ベイリリィ国民宿舎しらゆり荘にチェックイン後、源泉かけ流しの大浴場でまったり。

アレルギーが悪化して肌のガサガサで痒かったので、温泉の口コミがとても良いベイリリィ国民宿舎しらゆり荘を予約しました。

部屋はとても古いですが、とにかく温泉が最高!

一人宿泊専用の2食付きビジネスプランで、リーズナブルに泊まれたのもラッキーでした。

4月5日 熊野三山・飛瀧神社・神倉神社・花の窟神社

タイムスケジュール(走行距離:約206km)
  • 8:40~09:55 :ベイリリィ国民宿舎しらゆり荘から熊野本宮大社へ
    走行距離:約59.5キロ
  • 09:55~10:45 :熊野本宮大社
  • 10:45~11:50 :熊野本宮大社から熊野那智大社へ
    走行距離:約54.4キロ
  • 11:50~13:20 :熊野那智大・飛瀧神社
  • 13:20~14:15 :熊野那智大社から熊野速玉大社へ
    途中のコンビニでお昼ごはん
    走行距離:約22.4キロ
  • 14:15~14:30 :熊野速玉大
  • 14:30~14:35 :熊野速大社から神倉神社へ
    走行距離:約1.9キロ
  • 14:35~15:35 :神倉神社
  • 15:35~16:15 :神倉神社から花の窟神社へ
    走行距離:約21.9キロ
  • 16:15~16:35 :花の窟神社
  • 16:35~17:30 :花の窟神社から川湯温泉へ
    走行距離:約45.6キロ
  • 山水館 川湯みどりや に宿泊
【スポンサーリンク】

朝食を食べてから宿を出発。

花の窟神社の社務所が閉まる16時前に着くために7時過ぎには宿を出たいところ。

ところが、朝食の提供時間が7時30分からだったのと、前日は久々の長距離運転で疲れたのが重なり、結局8時40分に出発することになりました。

熊野本宮大社

熊野本宮大社には10時前に到着。境内には数人の参拝者がいるだけで、ゆったりと参拝することができました。

御朱印を頂き、大斎原(おおゆのはら)・産田社へ。

大斎原の周辺を少し散歩して、熊野本宮大社を後にしました。

熊野那智大社

熊野本宮大社から熊野那智大社へ移動。

走行距離は約54.4キロ。熊野三山と言っても、それぞれが微妙に離れた場所に鎮座しているので、電車とバスだと1日で効率よく巡拝するのは難しいです。

熊野三山の中では熊野那智大社が一番好きな神社です。

無料の那智山観光センター駐車場は熊野三山バスツアーでバスが利用する大きな駐車場ですが、ここに停めると467段の石段を登らなければなりません。

この後、恐ろしく急な神倉神社の階段も登る予定だったので、800円支払って熊野那智大社駐車場を利用。

熊野那智大社の駐車場

領収証に宝物殿の無料券がついたので、熊野三山バスツアーで参拝した際には拝観できなかった宝物館へ。

受付の方に色々と教えて頂き、那智山の歴史に触れることができました。

熊野那智大社

参拝して御朱印を頂いたあとは、青岸渡寺と三重塔へ。

ここから飛瀧神社まで歩こうと思いましたが、片道15~17分かかる上に急な階段が続きます。

歩いて飛瀧神社まで行くと、階段を登らないために800円の有料駐車場を利用した意味がありません。

三重の塔から駐車場へ引き返し、飛瀧神社まで車を走らせました。

飛瀧神社

飛瀧神社参道前にあるお土産屋さんの駐車場(500円)に車を停めて飛瀧神社へ。

飛瀧神社は那智の滝がご神体の神社で、300円の拝観料を支払うと間近で那智の滝を拝することができて、小さなお守りも頂けます。

滝の音を聞きながら少し休憩し、疲れた身体も心も癒やされました。

熊野那智大社・青岸渡寺・飛瀧神社(那智の滝)オススメの駐車場|階段が少ないルートで巡る方法とは

飛瀧神社の次は熊野速玉大社へ。走行距離は約22.4キロです。

13時半ごろ、新宮周辺のコンビニでサンドイッチとおにぎりを買ってお昼ごはんにしました。

熊野那智大社

熊野速玉大社は熊野三山の中で唯一、階段を登らずに参拝できる神社です。

参拝して御朱印を頂き、熊野三山バスツアーでは立ち寄ることのない神倉神社へ移動。

神倉神社

鳥居手前の駐車場に入れて階段へ進むと、噂以上に急な階段がずっと上まで続いています。

あまりのキツさに何回も足が動かなくなり、休憩しながらランダムに石を積んだ階段を登ること25分。

神倉神社

ようやくご神体のゴトビキ岩と拝殿に到着。

熊野三山より古くから信仰されている御神体のゴトビキ岩。

階段は恐ろしく急で運動不足の身体には厳しすぎる参道ですが、参拝できて本当に良かったです。

花の窟神社

神倉神社の階段が予想以上にきつくて、約22キロ離れた花の窟神社に着いたのは16時15分ごろ。

社務所の受付時間は9時から16時なので、頂きたいと思っていた御朱印帳と御朱印は頂けませんでしたが、境内には自由に入れるので参拝することができました。

日本最古の神社といわれる花の窟神社は、社殿や拝殿がなく高さ約70メートルの岩が御神体です。

古の信仰を今に伝える聖地に参拝することができて、満ち足りた気持ちになりました。

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

花の窟神社から本日のお宿「川湯温泉 山水館 川湯みどりや」へ。

河原を掘ると温泉が湧き出る川湯温泉は、熊野三山巡りの拠点としても便利な場所です。

アサインされた客室は、大塔川に面した和室。

窓からは大塔川や、河原の混浴露天風呂を見ることができます(河原の露天風呂は温泉浴衣の着用が必要です)。

前菜と和牛鍋がついたハーフビュッフェの夕食と天然温泉に入れる大浴場で、癒やしの時間を過ごすことができました。

熊野三山 日帰りバスツアーで御朱印と御朱印帳を拝受|熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社・飛瀧神社を巡った感想

バスツアーで熊野三山巡りをした感想やルートをまとめています。

バスツアーの記事は上のリンクをタップしてご覧ください。

4月6日 玉置神社・丹生川上神社 上社・中社・下社

タイムスケジュール(走行距離:約258km)
  • 09:00~10:00 :川湯温泉から玉置神社へ
    走行距離:約30.7キロ
  • 10:00~11:00 :玉置神社
  • 11:00~14:05 :玉置神社から丹生川上神社 上社へ
    道中の小さなお店柿の葉寿司を購入してお昼ごはん
    走行距離:約119.5キロ
  • 14:05~14:25 :丹生川上神社 上社
  • 14:25~14:55 :丹生川上神社 上社から丹生川上神社 中社へ
    走行距離:約20.9キロ
  • 14:55~15:20 :丹生川上神社 中社
  • 15:20~16:20 :丹生川上神社 中社から丹生川上神社 下社へ
    走行距離:約41.9キロ
  • 16:20~16:35 :丹生川上神社 下社
  • 16:35~17:40 :丹生川上神社 下社から宇陀市へ
    走行距離:約44.5キロ
  • たまご肌美人の湯 美榛苑に宿泊
【スポンサーリンク】

以前バスツアーで参拝したときは時間に追われ、自分のペースで参拝できないことが心残りだった玉置神社。

ゆっくりと参拝したい玉置神社と、バスツアーでは立ち寄らない神倉神社に参拝したいという思いから、レンタカーで巡拝することを決めました。

川湯温泉みどりや

この日の玉置神社から丹生川上神社3社を巡るルートは、ひたすら山道を走る大変な道のり。

標高1076mの玉置山頂近くに鎮座する玉置神社へのルートは、急勾配な上にすれ違うのが難しい細い道もが多いため、山道に不慣れな人はバスツアーを利用するのがお勧めの神社です。

今日のルートは、コンビニもレストランもガソリンスタンドも殆どない山道を延々と走るため、バイキングの朝食をしっかり食べてから出発しました。

玉置神社

朝の天気予報は晴れだったのに、玉置神社に近づくに連れて曇天になり、玉置山の山道を走る頃には霧が出てきました。

霧の玉置神社は神秘的で心惹かれるものがありますが、霧の山道を運転するのはかなり怖いです。

対向車に自分の存在を知らせるためヘッドライトを点けて、先が見えない急カーブの山道を慎重に走り、約1時間走ってようやく駐車場に到着。

私が着いた時、駐車場には乗用車が2台停っているだけで、境内では他の参拝者と一度すれ違っただけで、ほぼ独占状態。

玉置神社

本殿よりも山頂近くに鎮座する玉石神社にも、人とすれ違うことなく、ゆっくりと静かに参拝することができました。

玉置神社の次に参拝するのは丹生川上神社上社。

丹生川上神社上社に行くには、どのルートも山道を約3時間走ります。

カーナビが古いせいなのか、通行止めの道を指示されたり、普通車1台通るのがやっとの細くて長くて天井にライトが全くない暗いトンネルを走ったり、バスツアーでは絶対に通らない細い道が多くて、さすがに心細くなりました。

山の中の小さな集落の売店で柿の葉寿司を買ってお昼ごはんを食べながら10分ほど休憩。

丹生川上神社上社

玉置神社を出発してから3時間超で、どうにか丹生川上神社上社にたどり着きました。

丹生川上神社上社は境内に2人の参拝者がいるだけで、落ち着いて参拝。

丹生川上神社中社

次は丹生川上神社上社から中社へ。

玉置神社周辺の険しい山道に比べると、緩やかな山道を通るルートで楽に運転できます。

丹生川上神社中社の御朱印帳

丹生川上神社中社では龍神の御朱印帳に一目惚れ。

使い切れない御朱印帳が何冊もあるのに、衝動的に頂いてしまいました。

丹生川上神社下社

次は丹生川上神社下社に参拝。中社から下社へは約1時間で到着。

以前、下社に参拝したときは修復工事中で拝殿が覆われていましたが、修復工事が終わり拝殿全体を見ることができました。

この後、天河大弁財天社か吉野神宮に参拝しようと思いましたが、丹生川上神社下社を出たのは16時35分。

もう1社参拝するには時間が遅すぎるので、宇陀市の源泉かけ流しの宿「たまご肌美人の湯 美榛苑(みはるえん)」へ向かいました。

4月7日 八咫烏神社・室生龍穴神社・室生龍穴・吉野神宮

タイムスケジュール(走行距離:約172km)
  • 09:40~10:00 :美榛苑から八咫烏神社へ
    走行距離:約5.6キロ
  • 10:00~10:15 :八咫烏神社
  • 10:15~10:55 :八咫烏神社から室生龍穴神社へ
    走行距離:約17.5キロ
  • 10:55~11:10 :室生龍穴神社
  • 11:10~11:20 :室生龍穴神社から室生龍穴へ
    走行距離:約1.7キロ
  • 11:20~11:35 :室生龍穴
  • 11:35~12:40 :室生龍穴から吉野神宮へ
    走行距離:約38.9キロ
  • 12:40~13:00 :吉野神宮
  • 13:00~15:45 :吉野神宮から京都へ
    途中のパーキングエリアでお昼ごはん
    走行距離:約107.8キロ

昨日、長時間の山道運転の疲れが出てたのか、予定より1時間も寝坊。

たまご肌美人の湯 美榛苑の朝食バイキング

朝食バイキングでしっかりと食べて、予定より1時間遅れで出発です。

八咫烏神社

まずは、宿から近い八咫烏神社に参拝。

社務所は無人でしたが、書き置きの御朱印が拝殿に用意されていたので頂きました。

40分ほど車を走らせて、室生龍穴神社へ。

室生龍穴神社

室生龍穴神社には誰もいないタイミングに到着して、15分くらい境内を独り占めできました。

鳥のさえずりを聞きながら、ゆっくりと境内の雰囲気を堪能。

自分と向き合う時間を過ごすことができました。

室生龍穴神社の次は吉祥龍穴へ。

吉祥龍穴は神社から約900メートル先を左に曲がり、山道を数百メートル登った場所です。

室生の吉祥龍穴の滝

龍穴の入り口近くに車を停めて急な階段を下って行くと、滝と龍穴が見えてきました。

吉祥龍穴

本当に龍神が棲んでいそうな空気が漂う聖域で、滝と川の流れる音を聞きながら休憩。

未舗装の山道で落石も怖かったですが、龍穴まで来ることができて良かったと思いました。

和歌山・奈良の神社巡拝も今日が最終日。

最終日の予定は何も決めていなかったので、とある宮司さんから聞いた吉野神宮が頭に浮かび、吉野神宮へ参拝することにしました。

吉野神宮

吉野千本桜が見頃だったので見に行きたかったですが、駐車場は満車だし時間もあまりなかった為、桜を見るのは諦めることに。

吉野神宮では、おみくじと御朱印を頂こうと思っていたのに、すごく可愛いウサギの御朱印帳が目に入り、また衝動的に頂いてしまいました。

吉野神宮の御朱印帳

この後、談山神社にも行けるかな?と思ったけれど、京都駅から地元方面へ帰る高速バスの発車時刻を考えると時間の余裕がありません。

3泊4日の和歌山・奈良の神社巡りはこれで終わり。

もっと巡りたかったなと後ろ髪を引かれながら、京都へ向けて車を走らせました。

コロナが落ち着いて、好きな時に日本中を巡れる日が早く来ますように。

【スポンサーリンク】